女の子らしくありたいと願うあなたへ


女性の願いはさまざまですが、
美への追求はきまって、身体を対象とするようです。
女性らしさが足りない、女の子らしくありたい・・・・


それは、


綺麗な肌になりたい
髪質をよくしたい
体毛を薄くしたい
顔も可愛くなりたい



女性も個性ある同じ人間です。
外見は違って見えるかもしれません。
しかし全体で、人柄や女性らしさが決まります。


なので、自分を磨くこと。
外見では第一印象が大切。


顔を中心に、お肌のうつくしさが求められます。
髪とか体毛はヘアスタイルや衣装などで、
カバーしやすいです。


本質的は、健康的なお肌であり、
それに焦点を合わせて、ご自分づくりを
されたらいいでしょう。


現在の、悩みやトラブルが
体全体の不調にあるのでしたら、
女性ホルモンの乱れは、十分に考えられますね。


そこで、女性ホルモンをサポートできる
大豆イソフラボンの摂取が効果的です。
ただ、大豆イソフラボンは、人体に必要な栄養成分としては
位置づけられていないようです。


そして、取り過ぎにも注意したほうがいいとあります。
大豆イソフラボンならやはり大豆製品です。
たとえば、こんな物をご存知でしょうね。



味噌汁1杯(味噌20g) 9.9
木綿豆腐 約1/3丁(100g) 23
絹ごし豆腐 約1/3丁(100g) 21
納豆1パック(50g) 36.8
きな粉 大さじ1杯(6g) 16.0
おから 1カップ(70g) 7.4
豆乳(200ml) 49.6
大豆水煮(50g) 36.0
乾燥大豆(50g) 70.2

*大豆イソフラボン量 (mg)


大豆イソフラボンの安全な1日の摂取量は、
1日70~75mg、
サプリ系なら摂取上限は30mgです。


何日で女の子らしくなれるかというものでなく、
継続的に、毎日栄養バランスよく、
摂っていくことです。


お肌を中心に女性らしさをスタートさせましょう。

肌、とくに顔をキレイにするには、ハリがあって、
潤いも十分な状態がベスト。
せっかく、大豆イソフラボンを摂っても、



顔にニキビがたくさんできている
肌荒れでカサカサして汚い
毛穴が広がっている
シミがたくさんできた
目の下がくすんでいる
シワがある



こんな状態をなくしたいですよね。
それぞれの処置をしながら、しっかりと
肌のハリを戻してあげることが大切。


ハリには美容成分コラーゲンがいいです。
コラーゲンを摂りながら、大豆製品も食べる。
色々忙しい方なら、サプリ系が簡単です。


大豆イソフラボン配合のコラーゲンドリンクがあります。
毎日の献立、レシピに悩む心配がなく、
普通の生活を送りながら、女の子らしい姿が
期待できます。


夜寝る前に飲むだけです。
即効性があるとよく女性に飲まれています。


女の子らしいあなたの姿を夢見ながら、翌朝にはお肌がキレイになれたらいいですよね♪

あなたにおすすめのドリンクがあります。

こちらでその『しみ込む豆乳飲料』をご紹介しています。