あなたはニキビ跡で困ったますか


ニキビ嫌ですよねぇ~
醜いし、肌に変な感じもして、
ついつい触っちゃいます。


いけないとわかっていても、
指がちょっとニキビに触れると、
コロコロしたり、指で挟んだり、


さらに、ぎゅってつぶしたり、
そんな経験ありませんか。
膿を出し切ると・・・・
(ホッ・・・・)


これがついつい習慣になったりもします。
それで、なんとかニキビを治しても、
気がつくと、ニキビ痕が残ってるんですね。(泣)


「あ、あれがいけなかったのね。」
「やんなきゃよかった。」
後悔してるんじゃないでしょうか。


ニキビ痕を治す方法はないの?

ニキビ痕を治すには、やはりちゃんとスキンケアをすることですよね。
難しい方法じゃないですけど、
これができない方が多いです。


ですから、いつまでもニキビ痕で苦しんでいるわけです。
洗顔に保湿でしょうけど、いろいろです。


要は、いま現在のニキビ痕の古い皮膚の細胞が
新しいキレイな細胞にならなければ、ニキビ痕は治りません。


新しい細胞の誕生というのはいわゆる
ターンオーバーを指しますね。
ターンオーバーは、古い細胞(角質)が剥がれ落ちて、
新しい細胞が出てくるんです。


ですから、ニキビ痕でも、色素沈着しているものとか、
一番たいへんなクレーターにしても、
基本は、同じです。


どんなに手強くても、古いものがなくならない限り、
治す事はできませんよね。


ターンオーバーを活性化して治す方法とは?

ターンオーバーは通常だいたい28日です。
ただこれは、年齢とともに延びますし、
正常に働いている場合です。


ですから、生活が不規則だったりすると、
ターンオーバーが乱れて、うまく細胞が変わりません。
特に、睡眠がとても大切なんですね。


ターンオーバーを人工的に活性化させる方法もあります。
それは、ピーリングです。
古くなった角質を化学薬品などを使って、


とってしまうわけです。
ご自分でも、部屋でできますけど、
時間がかかるのと、取扱に注意が必要です。


薬品ですから、ちょっと間違えて、ニキビ痕が
悪くなったりすることもあります。
それに、上手にするにはコツも必要で、


すぐにピーリングができるわけではないようです。
ですから、ピーリングなら、やはり、
専門家にお願いしたほうがいいでしょうね。


さて、そんな難しい方法じゃなくて、
ごく自然に、体にやさしい、そして、
治癒後もお肌が健康になる方法はこちらです。


ターンオーバーが乱れていたら、
まず、それを正常化させてあげるんです。
ターンオーバーには、成長ホルモンが必要です。


成長ホルモンは夜寝ている間に、分泌します。
特に、ゴールデンタイムと言われている、
夜10時~深夜2時までの睡眠をしっかりとりましょう。


すると、お肌が若返りますから、
ニキビ痕も消えていきます。
他の治療をしていたとしても、


こうすることで、はやく治りますからね。
さらに、成長ホルモンの分泌を促す成分があります。
オルニチンと言います。


これは、成長ホルモンの分泌を促します。
しつこいニキビ痕でしたら、これを摂取することで、
より効果的にターンオーバーを働かせられるでしょう。


ニキビ痕をキレイに治すなら、新しい細胞ができたあとも、
肌をふっくらさせたいですよね。
保湿成分のコラーゲンを摂るとなおいいです。


肌のハリがでて、元通りのぷるんぷるんの
肌が期待できます。
ですから、オルニチンとコラーゲンを同時に摂って、


質の高い睡眠をとることで、
ターンオーバーを活発化させましょう。
幸い、オルニチン配合のコラーゲンドリンクがあります。


夜寝る前に飲むんですね。
液体のドリンクですから、吸収がいいです。
量もちょっとですから、グイって飲めます。


飲んでも太る心配もないです。
これで、翌朝には、肌がふっくらしたと
飲む方が多いです。



あなたも、ターンオーバーを働かせてニキビ痕をしっかり治しましょう♪

あなたにおすすめのコラーゲンドリンクがあります。

こちらでその『アスタリフト』をご紹介しています。