あなたは豆腐の美肌効果を知っていますか


庶民の食材、豆腐です。好きな方多いんじゃないでしょうか。

夏でも、冬でも、いつでも食べられていますよね。


その豆腐には美肌効果が認められています。即効性をどうのこうのより普段の食事ですよね。

豆腐に限らず、大豆製品ならどれもOK


美肌効果は大豆イソフラボンが働いているからです。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと似たようが構造だから、サポートできるんです。


ですから、美肌効果だけでなく、一般的に女性らしさをもしっかりサポートしてくれます。

いまあなたは生理不順でお困りじゃないですか。髪がぱさついたりしませんか。


うぶ毛が濃くなったりしませんか。まだまだ、あります。

女性ホルモンの減少が激しい更年期では、特に、その効果が期待できます。


ですから、積極的に、日頃から摂りたいものです。いわゆる健康食品です。

大豆イソフラボンの美肌効果って、どのくらいの量を摂ればいいのか。


美肌効果を期待するんでしたら、やはりたくさん豆腐なり大豆を食べる量が多いほどいいでしょうね。

しかし、一日の大豆イソフラボンの適正摂取量があります。


どのくらいかは1日70~75mg とされています。そして、大豆イソフラボンの含有量は製品によって異なります。


味噌汁1杯(味噌20g) 9.9
木綿豆腐 約1/3丁(100g) 23
絹ごし豆腐 約1/3丁(100g) 21
納豆1パック(50g) 36.8
きな粉 大さじ1杯(6g) 16.0
おから 1カップ(70g) 7.4
豆乳(200ml) 49.6
大豆水煮(50g) 36.0
乾燥大豆(50g) 70.2



豆腐ですと、20mgぐらいですね。即効性を期待して多く食べる方もいます。

大豆製品の生活で、赤ちゃん肌を達成された女性です。


その方は、豆乳1パック200mgを2個さらに豆腐やおからなど、大豆漬けの毎日を送りました。

大豆イソフラボンは100mgぐらいだったんですね。


ただ、大豆イソフラボンの過剰摂取には危険性が指摘されています。

乳がん発症の可能性があると言われています。


あなたは、毎日豆腐が食べられますか。

この事例からすると、豆腐を毎日しかも、1丁以上は食べないと美肌は望めそうにないですね。


楽しんで、生活を送るのでしたら、これでOK。でもあなたならどのくらい続けられますか?

もし、美肌を狙うのでしたら、普通の生活に美容ドリンクを取り入れたらどうでしょうか。


美肌には肌のハリが欠かせません。ハリを保たせるコラーゲンを摂るんですね。

コラーゲンドリンクなら、50mlぐらいで、簡単に飲めます。


大豆イソフラボン配合のコラーゲンドリンクもあります。

即効性があると多くの方に飲まれています。


あなたも美肌の生活で楽しく毎日を過ごしましょう♪

あなたにおすすめのドリンクがあります。

こちらでその『しみ込む豆乳飲料』をご紹介しています。