大豆イソフラボンで美肌効果を期待するあなたへ


大豆製品に関心がありますか?それは、ダイエット目的ですか。

お肌を白くしたいと思っていますか。


大豆に多く含まれている大豆イソフラボンが注目されています。

女性ホルモン(エストロゲン)と似た構造をし、人体の健康をサポートしてくれるようです。


特に、女性ホルモンが不足しがちな年代の方、ストレスなど、女性ホルモンが乱れがちの方。

女性ホルモンを整えることによって、体調不良が改善され、もちろん、お肌にもいい影響が現れるようです。


それが、美肌効果、お肌の健康ですね。


大豆製品の大豆イソフラボンってどのくらい?

食品別の大豆イソフラボン量 (mg)です。



味噌汁1杯(味噌20g) 9.9
木綿豆腐 約1/3丁(100g) 23
絹ごし豆腐 約1/3丁(100g) 21
納豆1パック(50g) 36.8
きな粉 大さじ1杯(6g) 16.0
おから 1カップ(70g) 7.4
豆乳(200ml) 49.6
大豆水煮(50g) 36.0
乾燥大豆(50g) 70.2



あなたは、毎日これらの大豆製品が食べられますか。

健康にいい大豆イソフラボンですけど、一日の摂取量ですと、だいたい70~75mg(食品安全委員会)。


サプリ系なら、上限を30mgです。

健康にいい大豆イソフラボンですけど、お子さんや妊婦の方にはちょっとした注意が必要です。


はっきりしたデータは示されていませんけど、胎児の遺伝子への異常・・・否定はできないようです。

ですから、摂りすぎは要注意!でしょうか。即効性を狙ってたくさん食べてもですねぇ・・・


安全に安心して、大豆イソフラボンで美肌効果を狙うには!/span>

そもそも美肌効果ですけど、美しい肌とは、ハリがあって、潤いのある肌を想像しません?


白くてもカサカサとなると、キレイじゃない!ってなりませんか。

大豆イソフラボンの美肌効果を効率よく得たいですよねぇ。


そんなときは、大豆イソフラボンが入っている美容ドリンクがいいでしょう。

お肌のハリなら、コラーゲンですね。こちらの美容成分も、年齢とともに減少します。


特に、35歳あたりから激減!

大豆イソフラボン配合のコラーゲンドリンクでしたら、配合も適正量でしょう。安心して飲めますね。


もちろん、注意の確認が大切です。(妊娠中はダメ!)

液体ドリンクは吸収もよく即効性があると多くの女性に飲まれていますね。


あなたも女性らしい美肌でまわりの方をびっくりさせませんか。

美肌効果に即効性があるドリンクならこちらです。



こちらでその『しみ込む豆乳飲料』をご紹介しています。