肌が茶色い原因は?黒ずみになる原因は?白く改善できる方法が効果的!

肌は調子がいいときと悪い時で、外見的にも反応がわかるものです。

肌荒れが起こったり、肌の色がくすんだり、黒ずんだりします。

茶色いシミかと思われるものが顔に現れたときは、びっくりすると思います。

日頃からケアしているつもりでも、適切な対処や対策でないと、なかなか改善も難しくなります。

そこで、この記事では肌の色が茶色いときの原因や対策についてお伝えしていきます。

年齢を経てもいつまでも、色白って言われるとうれしくなると思います。

スポンサードサーチ

肌が茶色いのはなぜ?原因をしっかり知ろう!

顔がくすんでいる女性

色白でなくても、肌の透明感が失われると肌の色はだんだん暗く見えてきます。

加齢で肌の衰えが進むと、黄色みが増してきます。

最初に実感されるのは肌のくすみじゃないでしょうか。

そんなときは、顔色が悪いとか、体が疲れているように思われやすいです。

久しぶりにあった同級生に、老けて見られる原因にもなるかもしれません。

若かったころ、20代の明るい肌の色が年令とともにだんだんくすんできます。

体の状態にもよりますけど、茶色かな?って思われる黄色みがかった色に近くなります。

20代と50代を比較すると、だいたい肌の色は2倍黄色みあると言われています。

肌年齢こうやって私たちに教えてくれるんですね。

肌の内部では、メラニン色素の量やムラが変化しているようです。

メラニン色素と言うと、紫外線から肌を守る大切なものですけど、後処理が滞って溜まったりすると、シミになりやすい厄介なものです。

毛嫌いされるメラニン色素ですけど、30代移行に急激に多くなります。

またメラニン色素のムラも増して、30代・40代に目立ち始めます。

余分なメラニン色素は、通常皮膚のターンオーバーに伴い、排出されるのが自然です。

ところが、不規則な生活習慣や加齢で、機能が乱れたり、鈍ったりします。

なので、メラニン色素の沈着が起こって、シミやくすみ、黒ずみへと変わるわけです。

目の周りは特に皮膚が薄いので、目立ちやすいですね。

このように、肌の衰えが、体の部位に起こっていき、肌が茶色く見えてきます。

肌の色が茶色や黒くなる仕組み

肌のスキンケア

肌の衰えで、機能が失われ、肌の内部に蓄積するメラニン色素が肌の色に関係することがわかったと思います。

そして、肌の機能とは肌のターンオーバーであります。

ここで、もっと具体的にその仕組を理解していこうと思います。

ターンオーバーが肌をキレイにしている!

肌を含め体の細胞は常に新しく入れ替わっています。

必然、古い細胞が出て来くるんですけど、それがちゃんと体の外に排出される仕組み・メカニズムが体には備わっています。

それが、ターンオーバーと言われる周期で、20代の若い人ですと、28日ぐらいで肌は新しい細胞と入れ替わります。

ところが、年齢が上がるとターンオーバーもどんどん遅れてきます。

40代ですと、60日間もかかると言われ20代の2倍遅くなります。

なので、ターンオーバーがしっかり正常に働くような肌、体がキレイな状態に保たれるということです。

ターンオーバーの遅れで肌が茶色や黒くなる

ターンオーバーが遅れるとメラニン色素がたまる状態が継続されます。

すると、時間と共に、肌にはその割合が多くなり、肌の色がだんだん濃くなるわけです。

肌が茶色くなったり、くすんだり、黒ずんだりするのは、こんな仕組みで起こっています。

肌が茶色くならない方法はある?

UVクリーム

一番の対策・予防は外敵から身を守ることです。

ターンオーバーが遅れても、肌の内部に余計な老廃物やメラニン色素がたまらない状態なら、肌はそのままいつまでも透明感があり、明るい状態でいられます。

肌の外敵とは、紫外線です。

紫外線対策が日常的に必要ということです。

夏場の暑い時期だけじゃなく、1年中どこでも紫外線対策が必要です。

日焼け止めクリームやUV効果のある化粧品で肌を守ることが大切。

紫外線はUV-AとUV-Bがあり、皮膚の奥にまで届く紫外線と表面に作用する紫外線に分けられます。

なので、UVケアも種類をちゃんと分けて、時間を推定しながら、塗り分けることで肌を守ることができます。

ちょっとしたお買い物で外出する場合でも、紫外線対策をしてください。

クリームを塗るのが面倒なら、長袖、防止、手袋などの着用も効果的です。 

黒ずんだ肌は白くならない?

生活習慣肌にはターンオーバーが重要なことがわかったと思います。

ターンオーバーさえ正常なら、機能してくれていれば、肌の茶色も黒ずみも改善してくれる…そんな期待感が持てます。

なら、ターンオーバーにいいことをすることで、パワーアップを図り黒ずみ対策・茶色の肌改善となります。

よく指摘されることに、こんなものがあります。

  • 規則正しい生活
  • ビタミンを含むバランスの取れた栄養摂取
  • 良質な睡眠
  • 血行をよくする

具体的に考えていきましょう!

規則正しい生活

規則正しい生活とは、後述する睡眠不足や血行不良などに関係するもので、肌を含む体の健康を保ってくれます。

健康な状態が保たれてこそ、肌の機能・ターンオーバーが正常に働くことができるわけです。

ちょっと忙しいときはどなたでもありますけど、その後はゆっくり休むなどのケアを日頃から習慣づけて、無理をしない生活スタイルを築くことが重要です。

バランスの取れた食事

とかく、忙しさにかまけて、軽食や簡単な料理ですます人が多くなりました。

外食に頼る人では野菜不足がよく指摘されています。

このことは、食べ物から体内に取り込む栄養素がバラバラになって、体へ悪い影響がでる黄色の信号なんです。

肌のバリア機能アップなら、抗酸化成分が効果的です。

具体的には、ビタミンCがあり、柑橘類や緑色野菜に多く含まれています。

鉄分ならひじきなども食べてほしいですし、体をつくるタンパク質は不足してはいけません。

なので、これらをはじめ栄養素がバランスよく摂れる食事を心がける食生活が肌の健康には大切です。

毎日睡眠時間は足りていますか?

睡眠は夜寝ている間に、肌を修復するのに関わっています。

良質な眠りを得ることで、ホルモンの分泌も行われ、ターンオーバーが活発に行われます。

ゴールデンタイムと言われる夜10時ぐらいには寝るようにして、深夜の2時頃まで良質な睡眠を毎日とりたいものです。

眠りが浅いまで、翌朝を迎えますと疲れが取れませんし、肌の調子も悪くなる一方です。

よく眠れいないと言う人は、寝る前に温かい牛乳を一杯飲むといいと言われています。

リラックスできて、眠気を誘ってくれるからです。

血行不良にならなようにする!

血液の流れが悪いと、血液が滞る状態が続き、皮膚が薄い部位などでは、血管が見えてしまう自体を引き起こします。

それが目の下のクマだったり、肌の色が変わって見える原因にもなります。

血液の流れを良くするよう、栄養をしっかり摂り、ストレスのない生活が大切です。

ちょっとしたストレスなら、睡眠や休憩あるいは、お風呂などで解消することができます。

普段の生活に軽い運動をすることも、ストレスフリーな健康を手にすることができます。

筋肉がついて、血液の流れもよくなります。

透明感のある健康な肌を保ちましょう!

肌がキレイ

茶色い肌、あるいは肌の黒ずみは、結局は健康な肌の劣化です。

年齢的なものもありましたけど、やはり普段の生活スタイルにあります。

ちゃんとした、肌にいい健康的な生活を送ることで、肌の色も改善していきます。

年を取らない、取りにくい肌にもなれます。

アンチエイジング効果のある成分を摂るとか、運動をして体を若く保つことで、肌の働きもいつまでも若くいられます。

肌の若返りは、老廃物やメラニン色素でくすんでいた茶色い肌を以前の透明感のある状態に戻してくれます。

濁っていた川が透き通って、びっくりしたことを聞いたことがあると思います。

それと同じように、肌が茶色くなったから、あきらめるのじゃく、正しい対策でこまめに実践していくことで、もとの透明感を取り戻せます。

メラニン色素ができたら、スムーズに排出してくれる健康的な肌に改善してくださいね。