あなたの化粧品にはセラミドが含まれていますか


お化粧がすべてって、多くの女性がコスメに興味を持たれています。
化粧水、乳液、クリームいろいろですよね。
さらに、手作りのもので、一生懸命スキンケアされる方もいます。


あなたは、どんな化粧品をお使いでしょうか。
それぞれ、用途がありますし、
美容成分によって、働きがことなります。


保湿成分セラミドをご存知でしょうか。
ひょっとして、お使いの化粧品で目にされているかもしれません。
ただ、ここで大切なことがあります。


よく仕事でも適材適所って言葉がありますよね。
能力のある人をその人が働きやすい場所や、
実力が出やすい部署に配属させます。


これって、美容成分も同じなんですね。
セラミドだけじゃなく、コラーゲンにしてもそうです。
これらは、保湿成分ですけど、存在する場所が異なります。


セラミドは、肌の一番上表皮の角質層にあります。
そして、コラーゲンは、その下の真皮にあるんです。
ですから、その場所で肌に水分を保たつ働きをしています。


しかし、どうでしょうか。
あなたのお持ちの化粧品にこれらが含まれていたとしても、
それを毎朝、肌に塗るだけで大丈夫でしょうか。


セラミドでしたら、肌の一番上ですから、
角質層まで浸透して、吸収してくれる可能性はありますよね。
そしたら、そこで保湿の役割を果たしてくれるでしょうね。


しかし、同じコラーゲンはどうでしょうか。
かなり深い真皮までは、化粧品のコラーゲンでは、
届かない可能性が大きいでしょう。


化粧品は、薬品とは違いますから、たとえ配合されていても、
はっきり届きますとは言えないんですね。
治療薬じゃありません。


それで、コラーゲンは本来とは別の場所で、保湿の働きを
しなければいけないわけです。
最初はいいでしょうね。


「あ、キレイになった、もちもちする♪」
かもしれません。
ところが、これは、一時的なものです。


コラーゲンばかりでなく、セラミドも生活の変化や
加齢でどうしても少なくなります。
するとどうでしょうか。


化粧で一時的に、肌の表面ばかりでケアしている間に、
本来の場所である真皮にコラーゲンが不足していきます。
すると、どんなに表面を化粧で、繕っても、


ちょっとしたことで、土台が揺らいでしまいます。
肌のハリがない土台が崩れたら、
ほうれい線ができてきたり、頬がたるんできたりします。


これは、肌の表面的なケア、お化粧ではなかなか
隠すことは難しくなります。
ですから、適材適所なんですね。


しっかりと、あるべきところへ美容成分を補給することです。
はじめからケアしてあげることが、40代50代になっても
キレイを保つ秘訣です。


若返りに必要なことです。



内からの若返りで本当のキレイを!!

内からのケアを考えたことはありますか。
どうしても、外からが見てわかりやすいですよね。
しかし、内からのケアで肌の土台を立て直しましょう。


吸収の問題も出てくるでしょう。
体の衰えで、美容成分だけでなく、さまざまの栄養も吸収されにくくなります。
ですから、内からのケアでしたら、吸収に優れた液体のドリンクがいいわけです。


⇒ 肌の立て直しならこのコラーゲンドリンクが飲まれています