あなたのお肌の保水力は大丈夫ですか


乾燥したお肌のケアはどうされてますか。おでこなどにしわができて困っていませんか?

水分が足りないことはわかりますね。


しかし、化粧水などを塗って、単に油分を与えてフタをしていませんか。

クリームを塗るだけで安心していませんか。


肌荒れなどがひどくなると、根本からのスキンケアが必要です。

応急的なお化粧ですと、化粧のノリが悪いなどトラブルは続きますよね。


わかりやすく説明しますと、お料理に例えられます。

フタをするイメージは、料理にラップをかけて乾燥しないようにする感じです。


その下には、お肌に塗った化粧水があります。

化粧水には、保湿にいい美容成分が含まれているでしょうね。


セラミドやコラーゲンはあなたの化粧水に配合されていませんか。保水力のある化粧水です。

お肌に塗るってことは、水分を含んだキッチンペーパーをお肌の上に当てることですね。


保水力のある化粧水で、乾燥しないように霧を吹いたりします。

そして、キッチンペーパーに含む水もいいものがいいでしょう。、このように、それぞれの役割が違ってきます。


ですから、肌荒れでも、まず、ラップ(油分)やキッチンペーパー(化粧水)がいるのか、必要ならどのくらい?

それは料理によって違いますね。これと同じように、お肌のケアも違います。


ですから、いつもいつも油分でフタというのは少し乱暴ですよね。

保水力のあるセラミドとコラーゲンを見てみましょう。


両方とも保湿成分ですが、存在する場所は異なります。セラミドはお肌の一番上の表皮にあります。

表皮の角質層というところです。ですから、お肌の表面からは近いですね。


それで、保水力のある化粧水などに含まれている場合、浸透力があるものならそこまで到達するでしょう。

セラミドの保水力も生きてきます。一方、コラーゲンはどうでしょうか。


表皮のしたに真皮があります。そこでいつもコラーゲンは働いています。ですから、お肌からはだいぶ距離があります。

保水力のある化粧水のコラーゲンでも、そこまで行きつけることはとても難しいです。


やはり、化粧品はどうしても外からのケアですから、限界があるんですね。

しっかりとしたお肌のケアなら内側からのケアも必要です。


お肌のハリ・弾力をもたせるコラーゲンは欠かせません。それに、セラミドです。

これらを、正しい場所に、適正量を与えることが一番いいわけです。


内側からのケアですと、美容成分だけを摂ることが可能になります。

成分量もはっきりしていますし、わかりやすいです。


ただ、これも、直接肌の各部位に行くというわけではありません。


その成分量を摂ることで、お肌の実感が変わります。

たとえば、液体のコラーゲンドリンクですと、吸収が良いです。


セラミド配合のコラーゲンドリンクは夜寝る前がいいです。

すると、翌朝には肌がぷるんぷるんになったという声が多いですね。


内側からのケアで、コラーゲンやセラミドの保水力が発揮されたんですね。

あなたも、セラミドの保水力を実感してみませんか。


⇒ セラミド配合のコラーゲンドリンクを知りたくないですか?

あなたにおすすめのコラーゲンドリンクがあります。


こちらでその『おいしいコラーゲンドリンク』をご紹介しています。