あなたは茶クマで悩んでいませんか


茶クマは知らず知らずの内に、顔にできることがあります。
ちょっとしたお肌への刺激で、反応してしまうんですね。
しかし、だいたい気づくのは、茶クマが重症化してビックリ、でしょうか。


あなたも茶クマがひどくなって困っていませんか。
目をこすったりする癖がありませんか。
毎日、パソコンを長時間使っていませんか。


残業で忙しく働く女性には、そんな方が多いですね。


澤田よしみ、33歳。会社員、独身の場合

「あ~、もう9時か、もう駄目。明日にしよう。」
いつも遅くまで残業するよしみは、今日も資料整理でした。


プレゼンを来週に控え、アイデアを形にするのが難しいんです。
いつもの事とはいえ、一番神経を集中する時です。
(これが終わったら、岩盤浴に行こう~っと。)


モニターから目をオフィスの窓に移すと、
じっと目をつむり、目をこすりました。
引き出しから、目薬を取り出すと、1滴垂らしました。


何度かまばたきすると、大事なファイルをカバンに詰めました。
家でも、考えがまとまったりとか、ファイルは重要です。
仕事漬けのよしみの生活です。



ワンルームのマンションに帰ると、すぐに化粧を落としました。
疲れている自分を鏡で確認しています。
「あれ?茶クマがひどくなってるな。」


「艶もないしな。もうちょっとなに~」
いつも残業が続くと、茶クマがでるよしみ。
しかし、だんだん茶クマが濃くなってきています。
(何か、いいのないのかしら・・・・)




目元の茶クマなら、メラニン色素が皮膚に残っている状態ですね。
目をこすったりして肌がダメージを受けているわけです。
ですから、メラニン色素を排出させると茶クマは解消できます。


それには肌のターンオーバーが大切です。
ターンオーバーが正常なら、新しい皮膚の細胞が古い細胞と入れ替わります。
茶クマの古い細胞も角質となって、剥がれ落ちるんですね。


メラニン色素も一緒に排出されます。
ですから、新しい肌はキレイで元のように白いです。


肌の細胞が入れ替わるターンオーバーはだいたい28日です。
年齢が上がると、ターンオーバーのサイクルはだんだんと延びてきます。
それに、生活習慣などでターンオーバーは乱れてしまいます。



「え?じゃ、どうしたらいいの?」


茶クマ解消なら、お肌のゴールデンタイムを大切にしましょう


夜10時~深夜2時までのゴールデンタイムが大切です。
最近では、眠りに入ってからの3時間です。
この時間帯にぐっすり眠ることで、成長ホルモンが分泌されます。


この成長ホルモンがターンオーバーを促進してくれます。
ですから、残業で忙しくても、しっかりとした睡眠で
茶クマも解消することが可能です。


成長ホルモンの分泌を促進する成分としてオルニチンが知られています。
これを補給してあげることで、より効果が期待できます。


お肌のケアも大切です。
茶クマが多くなると肌も乾燥してきます。
保湿成分コラーゲンなどで、しっかりハリを戻す対策が必要です。


オルニチン配合のコラーゲンドリンクなら吸収もよく
忙しい女性の短い睡眠でも、しっかりとることで、
お肌も変わっていきますよ。


あなたにおすすめのコラーゲンドリンクがあります。

こちらでその『アスタリフト』をご紹介しています。