コラーゲンはカロリーが高い?痩せてキレイになれる摂り方

コラーゲンはカロリーが高いと思っているあなたへ

コラーゲンが多い食べ物というとどうしても肉と一緒という感じでしょうか。

豚骨にしても鶏の手羽先、手羽元、軟骨、あるいは、すっぽんとかでも、要するに肉を食べて、コラーゲンを摂るイメージですよね。

すると、どうしてもコラーゲンが多い食べ物はカロリーが気になるところです。カロリーが高いと太る・・・

特に、ダイエット中の女性の方なら、食べたいけど、でもダメ!とか、あれ、大丈夫なの?って、心配されます。

おでんとかがヘルシーとかって言っても、たとえば、牛すじ串はどうでしょうか。

確かに、白い筋のプルプル部分はコラーゲンですね。

でも、赤みはやはりお肉であって、カロリー高いんじゃない?って考えちゃいます。でも、おいしいですよね^^

ですから、おいしいでも、太る?っていう気持ちと心配が入り混じってしまいます。

あなたは、どのようにコラーゲンを摂っていますか。

豊島ミナは、最近お肌の調子が良くありません。

乾燥肌で、化粧のノリも悪く、鏡を見ては顔をしかめます。

「あ~、ここにもできてるぅ」

目尻に、よく見るとシワの跡があります。

「これって、絶対シワだよね、消すだけじゃダメだよね」

シワが出ないようにしたいと、いろいろ探しています。

「コラーゲンって、よく聞くけど、あれって、大丈夫?」

「食べたら、絶対太るよね!」

体重を40代にキープしたいミナはカロリーに敏感です。カロリーが高いと絶対ダメ!

「コラーゲンが多い食べ物って、豚肉の脂肪?それに鶏肉の皮とか・・・」

「あんなのが肌にいいのかなぁ~」

「豚なんて食べたら、ブクブクになって、肌がくすみそうだけど・・・」

コラーゲンには、一般的に透明感があるとか、プルプルってイメージがあるようです。

確かに、コラーゲンが多い食べ物の脂となります。そして、多い部位なら、皮と骨でしょう。

あなたは、豚料理が好きですか。地方によって、料理がちょっとずつ違いますよね。豚でしたら、沖縄料理に多いと思います。

鶏の皮はどうでしょうか。手羽先とか・・・

焼き鳥にもありますけど、あれがいいっていう人と、あのゴムみたいなのがダメって、避ける人もいます。

実は、あのゴムみたいなのコラーゲンがありますよってことです。

でも、それが嫌いで焼きすぎると、食感はいいかもしれませんけど、コラーゲンがタンパク質に変わってしまいますからね。

ですから、お料理でコラーゲンを摂るなら煮込み料理がいいでしょうね。

すっぽん鍋、モツ鍋、いろいろありますよね。

だしに、骨を使ったものなら、牛骨、豚骨、手羽先・鶏ガラなど、スープにはたくさんのコラーゲンが含まれます。

「え~?そんなにたくさん食べるの?」

「全部、カロリー高いじゃんね」

「カロリーがないのって無いの?」

カロリーをどのあたりに設定されているかによるでしょう。

もつですと、150kcal ですが、確かに、他の食材も食べますね。ですから、太る心配が出てきます。

まったく、脂なしのっていうと、やはり粉末・錠剤タイプのサプリやドリンクじゃないでしょうか。

これなら、数キロカロリー、ドリンクでも、40とか60ぐらいですから、気になるほどじゃないと思います。

ただ粉末コラーゲンは味が変わると不評なんですね。それに大袋の粉末ですと保管も面倒。

粉末は安いから多くの方が最初に手にされるコラーゲンでしょうか。ですから、飲みやすいという点ではドリンクですね。

それに、ドリンクは吸収もよく、翌朝にお肌のハリを実感される女性も多いですね。

食べ物やお料理でとるのか、サプリなどを利用するかの選択になります。

「ふ~ん、おいしいなら、なんでもいいけどね・・・・」

おいしく飲めるコラーゲンドリンクがあります。

こちらでそのおいしいコラーゲンドリンクをご紹介しています。