コラーゲンとプラセンタの違いは?


コラーゲンとプラセンタの違いですね。どちらも、女性の美しさ、若さを内からサポートしてくれます。

ただ、どういった悩みを解決したいのかで、選択が分かれます。


美容成分を含む多くの成分、ホルモンは年齢とともに、減っていきます。

特に、30代半ばと言われています


ですから、35歳ぐらいに、急に老け込んだ!鏡を見てびっくりされる女性が多いわけです。


朝起きたら、ほうれい線が出ていた。
目の下にクマがある。
シミが濃くなって、シワも増えた。
頬がたるんできたようなが気がする。
「お母さん、シワある」って子供に言われた。



あなたも思い当たるところはないですか。

女らしさをキープしたい。若くいたいのは、すべての女性の願望。女性ホルモンも減少です。


それにいいのがプラセンタです。


皮膚が弱くなった
生理痛がひどくてつらい
生理中に寝込むことがある
生理前のイライラ
更年期症状、更年期
シミが出ている
二日酔いとれない
母乳が出ない



一方のコラーゲン:


肌の乾燥
肌にハリがなくなった
肌がくすんで、老けてきた
皮脂膜がつくれない
シミがある
髪が細くなってきた
爪がすぐに割れる
関節痛



これが、コラーゲンとプラセンタの違いです。ですから、どの部分を治したいのかで、決まります。

お肌の小じわなら、コラーゲン!


お肌をすべすべさせたい、ハリを取り戻したい、こういった思いを持たれる方なら、コラーゲンです。

コラーゲンが肌のハリや弾力を持たせているからです。


プラセンタもお肌のコラーゲンをサポートし、キレイな肌づくりには貢献しています。

しかし、違いは、直接的か間接的かです。


真皮に存在するコラーゲン。真皮層は厚いです。

ですから、この組織がしっかりしている間は、あなたのお肌はぷりぷりで若々しいはず。


ところが、紫外線などの強烈な攻撃を受けると、真皮のコラーゲンは壊滅状態に。

もはや、化粧品では、間に合いません。


シミから、シワそして、ほうれい線やたるみが症状で見られるようになると、化粧品では解決不可能です。

コラーゲン摂取が一番です。摂取量も最大の10000mgがベスト。適正量は一日、5000mgから10000mg。


効果的なのはドリンクタイプです。吸収に優れているからです。

夜寝る前に飲んで、翌朝、肌のぷるぷる感を実感される女性が多いです。


メーカーなら、アスタリフトのピュアコラーゲン30mlでしょう。飲みやすく、おいしいです。

あなたにおすすめのコラーゲンドリンクがあります。


こちらでその『アスタリフト』をご紹介しています。