まぶたの色が違う40代後半女性 コレで肌を立て直し改善

スポンサードサーチ

あなたのまぶたは色が違うんですか?


老化は誰にもおとずれます。
いわゆる加齢なんでしょうが、40代ならなお顕著。
40代後半ですと、更年期障害もちらほら見えてきますよね。


肌の衰え、特に顔ですとショックがキツイですよね。
皮ふが薄い目の部分です。
まぶたが腫れぼったリとか、ゆるんでたれるとか・・・


あるいは、くすんでなんだか、色が違うなんてのもあります。
化粧で、色が違うのではなく、お化粧だって、
化粧ノリが悪いやら、色が出ないなど、苦労しますよね。


このパンだ状態がかなりストレスになるんですね。
もちろん、若い頃はそうじゃなかった。
なのに、40代頃から、なんとなくおかしかった・・・


肌の変化は、トラブルの原因は、生活環境にあるんですね。
紫外線とかでも強烈にやられるんですが、
ストレスもばかになりません。


朝、弁当作りで5時おきとか、あるいは、
パートで忙しかったり、ありますよね。
そして、寝不足で、あるいは花粉症とかで、
目をこすったりしませんでしたか。


まぶたを常に刺激してきたわけでしょう?
普通でも加齢で肌は衰えるんですけど、
過度の刺激もくすみやシミの原因です。


傷んだん肌、まぶたには修復する機能も弱っていますよ。
なので、この状態でいくら化粧でカバーしようと思っても
以前ほど、簡単じゃないんですね。


目の周りには、老廃物がこびりついているはずです。
メラニン色素が角質層に常駐してるんじゃないですか。
ターンオーバーで排出するにも、その機能が衰えている・・・


色の違うまぶたをコラーゲンで改善


40代でも、40代後半でも、肌は蘇りますよ。
それは、化粧じゃないです。
肌そのもののケアです。


40年、50年近い肌をいたわりませんか。
いままでも、大切にしてきてはいたんでしょうけどね。
もっと、もっと肌の内側に目を向けてください。


目がおかしかったら、眼科にかかるでしょうけど、
まぶたの内側を、自分でも見つめ直してください。


色が違うのは、きっと内部に異変があるからです。
目の周りの薄い皮ふは、それがはっきり見えているんですね。
肌の異変て、組織が弱くなってること。


コラーゲンを補給してみてください。
コラーゲンなら、40代の肌にも50代の肌にも
絶対に、効いてきます。


30代半ばから、とても減り始める大切な美容成分なんです。
激減、慢性のコラーゲン不足が40代になって、
まぶたに、つねに色が違うって症状になっているんでしょう。


くすみは、肌の老化です。
衰えた肌を、まぶたをコラーゲンで修復してあげると、
キメが戻り、ハリがうまれ、くすみが改善されます。


元気な肌はターンオーバーもしっかりして、
老廃物の排出もスムーズになります。


お薬のように、1日とか数日の話ではなく、
毎日の生活にコラーゲンを取り入れてほしいんです。
お食事と一緒。


美容成分ですからね。
それで、あなたの肌が若返るんですよ。


色が違うまぶたを改善するコラーゲンとは?・・・これです。


こちらでその『すっぽん小町』をご紹介しています。