顔のシミがひどいと、悩んでいませんか?


20代なのに顔にシミがひどい状態で困る女性がいます。

「まだまだ20代っていうのに、私だけ?」って、首をかしげるわけです。


ちょっと考えると、シミが増え始めたのは、1年前とか・・・

でも、紫外線対策ばっちしやってきたのに、お肌の手入れもちゃんとしてるよ!って、自分に言い聞かせます。


「この他に何があるっていうのヽ(`Д´)ノプンプン」

「あのさぁ~、顔のシミがひどいんだぁ~」って、親しい友人に相談しても、埒があかない。


困ったなぁ~、って化粧品を見直したり、でも、なかなか解決しない。

「わたしって、シミになりやすい体質?」


紫外線対策で、日傘をさして出かける、日焼け止めファンデで、塗り直しているけど、シミが出来てしまう。

盲点は何か!


紫外線対策って、日傘をさしているってことは、日差しが強いときだけってことですよね。

しかし、紫外線って、日差しが弱くても肌は浴びているんですね。


仕事が外回りとか、会社まで歩く時間が長い方とか、浴びていますよね。

そして、休みの日でも、買い物にぶらぶら外で出かける時にもです。


さらに、紫外線ばかりじゃなく、仕事でのストレスはないですか。

20代でシミの場合、これも考えられますよ。


社会に出て、上司やお客さんとの対応で、悩んだりすることも多いでしょうね。

あ~クソって、陰で言ったりしません?汗わたしは、とてもとても多かったですよ。


ストレスから活性酵素が多くなり、メラニン色素もでます。

それが溜まって、肌の調子がおかしいときには、自然排出が鈍くなり、顔にシミができるわけです。


シミがひどいなら、こうした原因を解決することも大切です。


シミができやすい体質ならなお肌を元気にしましょう


肌表面のケア、紫外線対策は大丈夫でも、安心できません。

顔の内側が意外なところで、紫外線でやられていたら、ぜんぜん気づかないでしょう。


ちょっとずつのメラニン色素がたまり、顔がくすみシミが取れず、ひどいシミが濃くなります。

なので、肌の奥が弱い状態が続いているんでしょう。


肌の健康にはコラーゲンが不可欠。

脆弱な肌、外敵からまもるバリア機能が弱い肌は、コラーゲン繊維もひどい状態かもしれない・・・


コラーゲン不足がハリを失わせ、潤いもなくなり、そしてシミの自然排出が出来にくくするんです。

メラニン色素が溜まったまま・・・


これって、一時的なことではなく、ずっとこのまま放っておくと、ターンオーバーが乱れたままとなります。

シミができやすい体質になってしまいます。


だから、コラーゲン補給、摂取が必要になるわけ。

肌を老化から防ぐには、ポリフェノールもいいでしょう。りんご丸かじりって、しませんか。


美味しいぶどうでもOKワインを飲まれるんでしたら、赤ワインとか・・・

でも、毎日では肝臓もやられますし、適量と継続が肝心。


抗酸化作用のあるポリフェノール摂取で、シミのないキレイな肌が実現できます。

いつまでもシミがひどいと悩んでいるのでしたら、こうした解決法を実践されるのも価値アリですね。


ご自分でポリフェノールやコラーゲンを用意しにくい方には、便利なサプリがあります。

ポリフェノール配合のコラーゲンはこちらです。


あなたにおすすめのサプリがあります。


こちらでその『HTCコラーゲンDX』をご紹介しています。