フィッシュコラーゲンと豚コラーゲンは何が違う?


あなたは豚肉が好きですか。あなたは魚料理をよく食べますか。

コラーゲンにも種類があります。豚由来の豚コラーゲン、魚由来のフィッシュコラーゲン。


どうしてもイメージで、豚が苦手だとか、魚臭いからフィッシュコラーゲンはダメとか・・・

実際は、サプリでしたら、見た目は関係なくなります。


食材からですと、豚だったら、豚足、豚の耳・・・魚は、鮭、しらす干し、サンマ、マグロ・・・

高級食材のフカヒレもあります。それぞれ、効果は多くの方が実感されています。

フィッシュコラーゲンと豚コラーゲンの違い


同じコラーゲンですけど、由来が異なると、特徴に若干の違いが見られます。

どちらも、ペプチド低分子がおすすめです。


そもそも経口摂取以外にもコラーゲンは使われています。

化粧品にも配合されているものも多いです。


ただ、こちらのコラーゲンは分子が大きいため、コラーゲンが存在する真皮層には届きません。

経口摂取のコラーゲンなら、内部から吸収出来るわけです。


さらに、ペプチドでは、それがずっといいわけです。

フィッシュコラーゲンの特徴に吸収がいいことがあげられます。


ですから、より高い効果が期待できますね。

一方の豚コラーゲンですが、こちらは、飲んでも人の体に馴染みやすいことです。


こうした違いはありますが、選ぶなら、どのくらいの量なのかのほうが大切でしょうね。

豚由来にしても魚由来にしても、粉末か、ゼリーか、錠剤か、ドリンクかでコラーゲンを摂リやすさが変わってきます。


あなたはどんなも目的でコラーゲンを飲みますか


今現在のお肌の状態はどうですか。


残業で遅くなり目の下にクマが出来ていませんか。
保湿をちゃんとしているのに、1時間もすると化粧が崩れませんか。
夏でも肌がカサカサ状態になりませんか。
紫外線対策していても、シミが気になっていませんか。
朝鏡を見て、ほうれい線に気づきましたか。
お子さんがお母さんの顔って、いじめられていませんか。
顔が疲れているって、同僚に言われたことないですか。



肌のハリなんですね。これが基本です。

ですから、コラーゲンをフィッシュコラーゲンでも豚コラーゲンでも、効果的に摂ることが大切。


1日の適正摂取量は5000mgから10000mgとされています。

10000mgコラーゲンならドリンクタイプです。そのものが液体ですから、吸収されやすい。


ですから、効果もはやいわけです。フィッシュコラーゲンのドリンクタイプがベスト。

それを夜寝る前に飲むのがいいようです。多くの女性が翌朝効果を実感されて、喜ばれています。


あなたも、コラーゲン生活で、お肌も生活も潤ってみませんか?


⇒ 低分子フィッシュコラーゲンはこちらです