若返りにいいイソフラボンとビタミンEの違いは何でしょうか


あなたは健康に不安を感じてますか?健康にいい食材、栄養素はたくさんありますね。

イソフラボンやビタミンEもそうです。若返りにいいようですね。


どちらも積極的に摂りたいものですけど、年齢や症状によって、貢献度が違ってきます。

イソフラボンとビタミンEの違いは?


まず、イソフラボンはポリフェノールです。ポリフェノールの種類は多いです。

赤ワインにも緑茶にも、チョコレートにも違ったポリフェノールが含まれています。


特徴としては、抗酸化作用があり、酸化を防いでくれる。

大まかに言うならば、細胞が歳をとらない、老化防止となるわけです。


それが、癌予防だったり、いろいろです。

イソフラボンの場合、これは、大豆に含まれるものです。


女性ホルモンのエストロゲンがあります。

このエストロゲンに似た構造をしており、働きもサポートできるとされています。


ですから、女性ホルモンの乱れやホルモンの減少、たとえば、更年期では、イソフラボンの活躍が期待されます。

一方のビタミンEですけど、こちらも抗酸化作用があります。


血行を良くしてくれ、皮膚のすみずみまで、栄養素を送ってくれます。

よく若返りのビタミンと呼ばれます。


このように、違いはあってもどちらも普段の生活で摂りたい成分ですね。

若返りなら、お肌が重要!


年を取らない、あるいは遅らせる。これって、永遠の願いじゃないでしょうか。

いつまでも若くありたいですよね。


気持ちだけ若くても、見た目が老けていては、まわりは気づいてくれません。

キレイな女性、美しい女性をキープするなら、やはり、お肌の健康じゃないでしょうか。


イソフラボンもビタミンEも違いはあっても、お肌にもいいです。

しかし、お肌の健康、とりわけ見た目重視なら、肌のハリをしっかりとケアすべきですね。


これには、イソフラボンやビタミンEだけでは不十分。

美容成分コラーゲンが大切な働きをしています。


そして、35歳あたりから激減がはじまるコラーゲン。いつもいつも不足しがちなんです。

ですから、シミが増えたり、肌が弱くなって、まぶたや頬がたるんで、老け顔になるんですね。


40代でも50代でも、ハリのある肌で、若々しくいたいもの。

コラーゲン生成をサポートしてくれるポリフェノールもあるんです。


イソフラボンではありません。

ですから、お肌の健康もしっかりとやって、気持ちを明るく生活するのが理想じゃないでしょうか。


あなたの未来の健康をサポートする美容ドリンクがあります。

 

こちらでその『リフタージュ』をご紹介しています。