あなたは目尻に小じわはありませんか


あなたのお肌の曲がり角はいつですか。

お肌の曲がり角とはよく言われることですよね。
そして、ご自分の顔を鏡でご覧になって、
もうそんな歳なのかしら?って、心配されることもあるでしょう。


実は、お肌は20歳をピークに衰えは始まっています。
ですから、25?30?が曲がり角だと思っているあなた!
日頃から、お肌の状態をよくご覧になってくださいね。


以前から、肌がとても気になっている方がいます。
剣城しずえ。30代後半。会社員。独身。
婚活中もいまは小休止・・・


「剣城さん、電話。」
給湯室で、コーヒーを入れていたしずえは、席に戻った。
同僚のよしこが目配せをした。


客先からの問い合わせだった。
この会社に入ってすでに10年選手。
古株になって、態度も落ちつている。


しかし、しずえが最古参ではなかった。
さっき声をかけたよしこは4つ年上だ。
二人は、何かと仕事中も話をする仲である。


「今日、女子会やろうか~」
受話器を置いたしずえの背後から、よしこが声をかけた。
なんとなく、不釣り合いな言葉にしずえは、ちょっと笑った。
(女子会?私達が・・・・)


そんな陽気なよしこをしずえを頼りにしている。
「いいね。ちょうどいいかな~」
会計の仕事で、割りと遅くなる毎日だった。




「あんたさ~、真面目なのはわかるけど、ちゃんと自分の将来も計算に入れなきゃダメ!」
ビールを一口飲んで、よしこがしずえに諭すようにいった。
「うん、」


枝豆をつまむと、口に入れた。
「わかってる、でも、もう無理かなぁ~」
しずえは、壁に貼ってあるメニューに目を移した。


「あのさぁ~」
しずえは、ちょっと間を置いて、よしこの顔を見た。
「わたしの顔最近ヒドイよね。わかる?」


「もうアラフォーだしさ、コラーゲンとか、エラスチンとか
セラミドとかって、全部なくなっている気がする。」
「全部!?」
よしこは、ビールをカウンターにおくとちょっと笑った。


「だからね。小じわがどんどん増えてきてんの。
気付かない?もう化粧も追いつかないよ。
加齢臭もなんか最近気になってね・・・」


聞いていたよしこは、口を挟んだ。
「あのさ、悲観し過ぎじゃない?仕事のし過ぎなんだよ。
もうちょっとあんたのんびりって、知らないの?彼氏は?」


しずえは、首を振った。
「気持ちはわかるけど、まずは、その小じわっての
ちゃんとしたほうがいいかもね。だから、気持ちが沈むの。」


よしこが勧めたのは、コラーゲンドリンクだった。
「とにかく、肌のハリよ。これが戻ったらあんたの小じわなんかなくなる。」
「コラーゲンのたくさん入っているのがあるからそれがいいよ。」
「いろいろあるけど、あんたに必要なのは、10000mgね。」


「効き目が大きから、それしか無いって!私を見て。」
「まずは自信を持つことが大切。そのためにも、飲んでいたら
絶対、あんたの肌も気持ちも明るくなるからさ~。」


しずえは、ほんとうに明るいよしこを見て少し元気が出てきた。
二人は、しずえの婚活の話をしだすとビールで乾杯をした。


あなたにおすすめのコラーゲンドリンクがあります。


こちらでその『おいしいコラーゲンドリンク』をご紹介しています。