納豆を食べて肌がつるつるの女性?コレで試してみませんか

肌にいいと言われる食べ物は多いです。

要は栄養バランスがとれている食事が基本です。

しかし、食べ物に含まれている成分からより効果的じゃないかと言われるものもあります。

納豆がそうです。

大豆製品ですけど、大豆のイソフラボンが女性ホルモンと同じ働きをするからいいと言われています。

こんなことを聞くと、ふだん、あまり気にならない納豆が、とつぜん食べたくなる女性もいるでしょうね。

そこで、この記事では、納豆を含め大豆製品と肌のつるつるの関係に迫ってみたいと思います。

スポンサードサーチ

納豆を食べると肌がつるつるになるってほんとか?

肌つるつる

大豆は日本の代表的な食べ物の一つで広く食卓で食べられています。

特に、東日本に普及しています。

有名なところでは水戸納豆が知られています。

体にいいというイメージですが、果たして肌がつるつるになるほどいいのか、知りたいですよね?

納豆というより、納豆に含まれている大豆イソフラボンに注目すべきです。

美肌効果があるようです。

女性お客さま

大豆イソフラボンで赤ちゃん肌になった女性

美肌なら大豆イソフラボンですけど、納豆だけではキツかったので、豆乳も飲みました。200mlを毎日2本飲んだんです。実は他にも豆腐とおからも食べたら、肌がつるつるしてきました。

やはり、納豆というか、大豆製品はお肌にいいようですね。

大豆製品をどのくらい食べたら良いのか

大豆製品

納豆を食べてお肌がつるつるは、本当のようですけど、かなり食べられていましたよね?

お肌には、大豆イソフラボンの摂取量を見たほうが、いいようです。

大豆イソフラボンの適正量は、1日70~75mgとされています。

そして、納豆 1パック(50g)なら65.0mgです。

大豆飲料 一本(125ml) 69.0mgです。

 

なので、かなり適正量を超えています。

だから、効果があったと言えるかもしれません。

ただ、過剰摂取は、副作用などの心配があるようです。

乳がん発症の危険性が指摘されています。

大豆イソフラボンの働きとは?

女性ホルモン

大豆イソフラボンは、女性ホルモン(エストロゲン)をサポートします。

コラーゲンを増やす作用もあるようで、肌のハリが期待できるようです。

代謝アップに関わって、肌の生まれ変わりが促進されます。

なので、大豆イソフラボンを含む大豆製品を食べることで肌がつるつるするわけです。

納豆以外にいいサプリメントはなに?

サプリを飲む女性

大豆製品をたくさん食べて肌がつるつるした女性の場合は、かなり特例のような気がしました。

大豆イソフラボンの摂取量が過剰だったわけで、副作用のことを考えると継続は難しいでしょう。

なので、気軽に大豆イソフラボンが適正量摂れるサプリメントのほうが安全かと思います。

おすすめできる飲料があります。

「しみ込む豆乳飲料」です。

しみ込む豆乳飲料

しみ込む豆乳飲料なら、1本イソフラボンが56mgですし、コラーゲンも1000mg含まれています。

無理なく、簡単につるつる肌が期待できるんじゃないでしょうか。

納豆はとても体にいい食べ物ですから、美味しく食べましょう【わたしの体験】

納豆料理

肌の改善が期待される大豆イソフラボンでした。

いいことはわかっても食べにくいとかでサプリメントの良さも紹介しました。

でも、やはり納豆は体にいいですし、美味しいですから私流の食べ方をご紹介します。

 

ネバネバが嫌いで食べない人は、ネバネバを取ることが出来ます。

卵を入れて一緒にかき混ぜると、ネバネバは少なくなります。

もっとなくしたいなら、究極の食べ方は、大根おろしを入れて見てください。

味もさっぱりでとても食べやすくなります。

納豆のにおいというか、臭みと感じる人は、長ネギを刻んで入れてみてください。

ネギのにおいが勝ちます。

 

さらに、とっておきの食べ方をご紹介します。

納豆パックを開け、カラシをたらし、醤油を少しかけます。

あまりたくさん入れると、塩分過多になります。

次に、箸でかき混ぜていきます。

その際、糸が引くように、箸で回し、引き上げたりすると、いいです。

だんだん、白っぽい糸状の納豆が出来てきます。

それからも、何度もかき混ぜ、納豆がネバネバの糸に絡みつくぐらいになったら、食べごろです。

でも、それで終わりじゃないです。

ふつうは、これでOKです。

わたしは、次に、ある調味料を加えます。

わかりますか?

 

正解は、お酢。

え?って、ゲーって、…最初はそうかもしれません。

ただ、お酢を入れただけでは、お酢の酸っぱさだけしかわかりません。

ところが、糸状になるまで、さらにかき混ぜると、それは、絶品の納豆料理の出来上がり♪

慣れてきたら、お酢もいろいろ換えてみてください。

リンゴ酢も美味しいです。

体にいいのは、黒酢でしょうね。

3年ものは、味がまろやかになります。

 

どうぞ、お試しあれ!!!