あなたは外回りを担当していますか



アラサー女子の外回りが過酷!ブラック企業と言いたい・・・

あなたは、いつもエアコンのきいているオフィスで仕事をしていますか。
あるアラサー女子は、仕事でもバイタリティを見せています。が・・・
過酷な彼女の実態をご紹介します。


アラサー女子・かなえは同僚とペアで午前中は外回りです。
先月からの担当ですが、その厳しさに弱音をはいています。
週の半分は1日じゅう外です。


日差しの強い日だったら、一日で真っ黒になります。
相棒は、同僚と言っても、男なので、日傘はさしにくいです。
毎日、日焼け止めを塗ります。


ファンデーションはUV配合です。
でも、1時間もしたら、全部流れちゃいます。
そして、夕方には、化粧がすべて崩れるといったありさまです。


かなえ「あ~っ、なんで男なんだよ~」
会社に戻るなり、化粧室で第一声。
ゆうこ「おかえり、きょうも大変だったね」


親友のゆうこが後ろから、かなえの肩を軽くたたいた。
かなえは、化粧ポーチを開けて、何かを探しています。
かなえ「あのさ~、わたし、肌が弱いって、会社に言ってくれない?」


ゆうこ「わたしが?なんで、そんなこと言えるわけ無いじゃん」
ゆうこ「それと仕事関係ある?」
かなえ「鬼!!」


かなえは、ゆうこの顔を見ると、顔にシワを寄せならが、言った。
ゆうこ「気持ちわかるけどさぁ、我々には、自衛しかないわけ!」
かなえは、鏡を見ながら、目元を気にしていた。


かなえ「な~んか、目も疲れるしさ、これクマだよね、やだぁ~」
かなえ「あいつといっしょだからさぁ-、塗り直すってのも無理!」
かなえ「なんか、いい方法ないの?」


よく見ると肌荒れを起こしています。
シミはまだありませんが、日焼けしたことろがだいぶ乾燥しています。
そのうち、ボロボロになるんじゃないか、とても心配なんですね。


これまでは、いつもどおり、美白効果配合の美容液を使ってきました。
保湿タイプの乳液も欠かせません。
しかし、外回りをしだしてから、明らかに肌の劣化を感じています。


かなえ「もう、やだぁ~、ね、見て!顔だけじゃないよ、首とかも・・・」
かなえは、不満そうにしばし傲然としています。
ゆうこ「あんた、昼間、栄養ドリンク飲んでるって言ってたよね。」
ゆうこ「美容ドリンクにしたら?あるいは、一緒とか・・・・」
かなえ「肌荒れが治るんだったら、なんでも飲むよ!お風呂の水でも飲んじゃう」
ゆうこ「(笑)いろいろあるよ。コラーゲンとか、お風呂の水コラーゲンとか言ってたかな?」
かなえ「・・・・・・・」




選ばれているコラーゲンドリンクがあります。

こちらでそのおいしいコラーゲンドリンクをご紹介しています。