あなたは大豆製品でダイエットしていますか


大豆は、健康食品として知られています。

さらに美肌効果があるとも認めれ、すでに、化粧品の中にも大豆イソフラボン配合のものがあります。


あなたの化粧水などに大豆イソフラボンは入っていませんか。

それで、大豆製品を食べて、ダイエットし、さらにお肌もキレイにしようとする女性がいます。


沢よしこ、29歳。主婦。よしこはいま、0歳の赤ちゃんと生活。

初めての子が可愛く、ほっぺを人差し指で、ツンツンしています。


「何がほしぃ~の?」

笑顔で顔を見ながら、語ります。


「今あげるからね。」

育児休暇のあと、職場に復帰予定。頭の中では、1年後を思い描いています。


すでに、体型を戻そうとダイエット中。よしこが選んだのは大豆ダイエット。

大豆製品オンパレードです。


朝はバナナきな粉豆乳を200ml

おやつとして、豆乳ココア200ml

晩ごはんは、豆腐グラタンとおからサラダ


徹底しています。よしこにとっては、全然苦になりません。よしこは大豆製品が大好きなんです。

でも一つだけ心配があります。


「え?大豆・・・過剰摂取?」

ネットで大豆の過剰摂取を知りました。


確かに、大豆の一日の摂取量の目安があります。

大豆イソフラボン・・・1日70~75mg、サプリ系では摂取上限を30mgです。


大豆製品ではこんな感じです。


味噌汁1杯(味噌20g) 9.9
木綿豆腐 約1/3丁(100g) 23
絹ごし豆腐 約1/3丁(100g) 21
納豆1パック(50g) 36.8
きな粉 大さじ1杯(6g) 16.0
おから 1カップ(70g) 7.4
豆乳(200ml) 49.6
大豆水煮(50g) 36.0
乾燥大豆(50g) 70.2

*大豆イソフラボン量 (mg)


よしこのメニューでは、大豆イソフラボンの過剰摂取に当たります。

赤ちゃん肌で喜んでも、年をとてから、乳がんになる危険性も指摘されています。


また、乳児への影響も心配です。直接ではないにしろ、授乳中は、気をつけるべきですね。


以来、豆乳からおからダイエットに切り替えることを検討中・・・(だいぶ減っちゃうけど、大丈夫かな?)

大豆大好きよしこは、仕方なさそうに、不満顔。



ダイエットしながら、肌のケアは難しいですよね。おまけに授乳中なんですから・・・

お肌のケアを別に考えてみてはどうでしょうか。


大豆が大好きなので大豆イソフラボンで美肌がほしくても、過剰摂取も心配です。

お肌のケアは、別にして考えるのもいいんじゃないでしょうか。


それに、大豆イソフラボン配合の美容ドリンクもあります。

これなら、適正量の大豆イソフラボンがあり、美容にいい成分もいっしょで、相乗効果が期待できます。


無理なくキレイを戻して、健やかな赤ちゃんとともに楽しい生活ですね♪

授乳も心配ありませんよね。


あなたにおすすめのドリンクがあります。

こちらでその『しみ込む豆乳飲料』をご紹介しています。