あなたは肌荒れなどのトラブルにどのように向き合っていますか



40代主婦は、いろいろと外での活動で忙しいようです。

主婦・スエさんの場合
40代前半のスエは、ことしから、週末外に出る機会が多くなりました。
息子が野球のチームに入ったんです。
それで、スエは土曜日か日曜日は、からならずグランドに向かうのです。


お手伝いなんですが、楽しくやれています。
しかし、日差しが強くなる季節、暑さがきつく感じられます。
鼻の下がガサガサしてきました。


「あれ?これなに?」
家に帰ったスエは、じっと鏡を見つめていました。
よく見ると、細かいブツブツが広がっています。


粉をふいたようで、感じ悪いです。
「月曜に、診てもらわなきゃ」
皮膚科へ行くと、


医師「汗かきました?最近は、日陰でも照り返しがありますしね。」
なるほどねぇって、スエは、感心したように、頷いた。
ほどなく、処方されたのは、保湿クリーム。


家に戻ると、鏡を見ながら、クリームを塗り出しました。
「日陰っていっても、主婦がグランドなんだから・・」
「私も水分足りないのかしら?飲んでるけどね・・・」


でも、化粧品にしても、これまで試供品などで化粧水と乳液をつけたりしました。
そのときは、とてもよかったと感じていたんですね。
スエはずっと大人ニキビがアゴの下にあって、しっとり系には抵抗感がありました。




まず、お肌のトラブルなら、あなたの肌が何を必要としているのかを知ることです。
肌荒れ、カサカサが、水分不足なのか、皮脂不足なのか見るわけです。
水分不足なら美容液でしょうし、油分不足だったら、クリームじゃないでしょうか。


40代だからといって、しっとりってわけでもないです。
そして、汗だと、日焼け止めしても、よくて持つのは2時間ぐらいです。
ですから、2時間おきに少し直すのもいいでしょうね。


肌荒れでもかゆみとか痛みがないなら、
酵素洗顔や化粧用米ぬかなどもいいです。
角質がとれたり、粉がふいたのが取れやすいですね。


スエさんのように、紫外線などで、肌荒れが心配なら、
コラーゲンなどの成分が有効です。
紫外線で、コラーゲンの生産量が落ちたりします。


すると、真皮層の水分を十分に保つことができなくなり、真皮層に負担がかかります。
日常的に、コラーゲンを補給しておくのも良い方法ですね。
コラーゲンは、サプリやドリンクで簡単に補給できます。



おいしく飲みやすいコラーゲンドリンクがありますよ。

こちらでそのおいしいコラーゲンドリンクをご紹介しています。