あなたはコラーゲンで肌質を変えようと考えていますか?


人は肌質を持っています。乾燥肌や混合肌、敏感肌、オイリー肌などです。

乾燥したりして、カサカサが気になる方がいます。


つい話に熱が入り、顔の表情を変えたりすると、シワができちゃったり、老けて見られることもあります。

いつもそれが気になって、悩みのタネにもなります。


「わたしって、肌が薄いのかしら?」

他人の肌質が気になりますよね。どうして私だけ?・・・・


考えると、自分の肌にはぜんぜんぷるぷる感がない・・なにが違うんだろう?って・・・

肌のハリにはコラーゲンが必要です。


乾燥は、肌に水分が足りてない状態です。保湿をすることで、表面を改善することは可能です。

化粧品にコラーゲン配合の商品は多いです。


保湿だけを考えるなら、他の保湿成分もあります。セラミド、ヒアルロン酸、プロテオグリカンです。

セラミドは、肌の表面にあります。角質層なんですが、薄いんですね。


ですから、化粧品の中のセラミドでも充分届くでしょう。

一方、ヒアルロン酸やプロテオグリカンは、もっと奥に存在します。


真皮という厚い層で、コラーゲンとともにあります。

ヒアルロン酸やプロテオグリカンが水分を取り込み、それら全体をまとめて肌の下から強い力で押し上げているのがコラーゲンです。


コラーゲンがもっとも多い美容成分なんです。

ですから、肌をもっとぷるぷるさせるには、このコラーゲンの力が必要です。


紫外線とかで壊れたり、それで組織が脆弱になると、肌質もガタガタになりやすいです。

乾燥肌の方が悩まれるところですよね。


それで、真皮はずっとずっと肌の奥です。

たとえ、化粧品の中に配合されていても、ヒアルロン酸、プロテオグリカン、コラーゲンは、届きません。


肌の表面だけの働きです。ですから、肌質が変わるとまでは期待できないでしょう。

コラーゲンの補給は経口摂取がベスト。


コラーゲンは食材にも含まれています。

たとえば、すっぽん鍋を食べた翌日は、肌がぷるぷるするという話をよく聞きます。


すっぽんでなくても、豚足、豚の耳など牛肉でも、鶏肉にもあります。

ただ、コラーゲン補給をこれらからするのは、日常となると面倒です。


いいのは、普段の食事で、コラーゲンを足すことです。

料理にコラーゲンを足すことで、いつも、コラーゲンが補給できます。


他の栄養成分と一緒ですから、相乗効果も期待できます。

肌質を変えたいのなら、これが一番じゃないでしょうか。


あなたが希望する肌質改善に役立つコラーゲンはこちらじゃないでしょうか?
 

こちらでそのコラーゲン『天使のララ』をご紹介しています。