豆乳で皮下脂肪が心配ですか?


豆乳を飲むと皮下脂肪がつきやすくなる!
これは本当かウソか・・・・
よく考えてみましょう。


豆乳は大豆製品です。
健康食品として知られている大豆は
体にいいです。


美肌効果も認められています。
実際、大豆に含まれる大豆イソフラボンが
入っている化粧水もあります。


それで、大豆イソフラボンというのは、
女性ホルモンをサポートする働きがあります。
ホルモンと構造が似ているんですね。


なので、豆乳を飲むと女性らしくなれる。
こんなメリットがあるわけです。
それで、皮下脂肪ですけど、


女性は本来、皮下脂肪がつきやすいんですね。
だから、女性らしさをキープしたい、
でも、皮下脂肪がつきやすい体質でもあるということ。


豆乳をどのくらい飲めば女性らしくなれるか。

女性らしさというと、キレイな肌、美しさでしょうか。
ですから、プルンプルンとしたハリのある肌が理想ですね。
それは、豆乳で得ることは可能か。


これを実現された方がいます。
目的は、赤ちゃん肌。
スゴイですよね^^


目的がスゴイだけに、実践もスゴイ。
毎日、大豆製品のオンパレード♪
朝も昼も夜も大豆です。


豆乳200mlを2本、豆腐におからです。
一人暮らしで、ストイックなダイエット志向の女性なら、
できるプランですね。


でも、この方ヤリました。
成功したんです。
赤ちゃん肌のプルンプルン。


しかし、ちょっと問題発生。
それは、大豆イソフラボンの一日の摂取量は、
だいたい、70~75mg


その方なんと100mgぐらい摂ってました。
ヤバイって、止められたようですけど、
効果があったし、内心ニンマリですよね。


大豆イソフラボンの過剰摂取は、
乳がんなどの危険性が指摘されています。
だから、他の手段を探されています。


大豆イソフラボンでキレイな肌を求めるなら。

豆乳は、皮下脂肪をたくわえるんじゃなく、
脂肪の吸収を抑える働きがありますね。
さらに、カロリーもそれほど、多いとは思われません。
1パック(200ml)当たり100キロカロリー強です。


しかし、豆乳ずけ、大豆漬けなら、
300キロカロリーにはなるでしょうか。
それよりも、他の栄養成分の不足が心配。


やはり、栄養成分のバランスは健康には欠かせません。
お肌もいっしょ。
肌をキレイにするなら、ハリが大切。


美容成分コラーゲンがハリを保ちます。
こちらは、食材・料理からだと高カロリー、
皮下脂肪の心配が絶大!!


なのでサプリ系が簡単で安心。
豆乳派なら、大豆イソフラボン配合の
コラーゲンドリンクがベスト。


健康によく、お肌もしっかり整えられますね。


あなたも若々しくキレイにお友達とショッピング♪

あなたにおすすめのドリンクがあります。

こちらでその『しみ込む豆乳飲料』をご紹介しています。