日焼けを治す方法をご紹介します


こんがり焼けた小麦色の肌は健康的です。一方、白い肌を求める女性も多いですね。

それで、日頃から紫外線対策をされます。あなたも紫外線対策をされていますよね。


それでも、日焼けをして困っているんじゃないですか。(日焼けが治る方法ないかなぁ~)

じつは紫外線対策でも、意外なところでまだまだ紫外線を実際は受けることが多いんです。


朝洗顔してすぐに、日焼け止めクリームなどを塗りますか。

そのまま洗濯物を干しにベランダにでませんか。


気持ちが良いとカーテンを開けて、窓の外を眺めたりしませんか。新聞を取りに外へ出ませんか。

ちょっとした買い物、パンやドリンクを買いにコンビニに行ったりしませんか。


ほんの数分、10分の外出が10日もすると、2時間ぐらい日に焼けることになるんですね。

お使いの日焼け止めクリームは、大丈夫ですか。日焼けが治る方法ではこんな点に気をつけてください。


だいたい、日焼け止めクリームには、SPF値(サンケア指数)があると思います。

この数値が1なら、15分間紫外線から身を守ってくれます。適量を塗ることが大切です。


薄い場合は、効果も短くなりますから、気を付けましょう。

また日焼け止めクリームには、2つのタイプがあります。


紫外線を吸収するタイプと紫外線を反射するタイプです。

紫外線吸収タイプには紫外線吸収剤が使われます。


お肌の負担が大きいので、かぶれや肌が弱い人は気を付けましょう。

あなたのお使いの化粧品は大丈夫ですか。


日焼けを治すのに、化粧するとき白くなるような化粧品を使われる方が多いです。

日焼け止めを日中塗り直すとき、こんなやり方が良いです。


日焼け止めの上からファンデーションを塗らない場合は、脂取りなどで油分をとってから重ね塗りするんですね。

ファンデーションを塗っている場合なら、オイルを含んだティッシュなどで、拭き取ってから、日焼け止めを塗ったほうがいいです。


化粧品の中には、人工香料、着色料、アルコールが含まれいるものがあります。

肌荒れをしている方、敏感肌の方は避けたほうがいいですね。


ビタミンC誘導体は、メラニンの生成を防いでくれます。

ハイドロキノンやエラグ酸は美白効果が高いとされています。


日焼けによるお肌の修復はターンオーバーを正常化する方法がいいです。

日焼けを治すのに化粧品だけに目を向けるのはあまりよい方法とは言えません。


紫外線により、お肌のターンオーバーもダメージを受けています。

ターンオーバーが正常なら、治療にしてもはやく治すことができます。


お肌の根本的な治療方法とも言えます。

ターンオーバーの乱れを治すには、睡眠が大事です。日焼けが治る方法としても肝心なところ。


成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンは、年齢とともに減少します。

ターンオーバーだけじゃなく、疲労回復にもいいです。


肌の修復、シミやくすみの改善にも働いてくれます。

忙しい方なら、成長ホルモンの分泌を促進してくれる美容にいい成分の摂取もいいですね。


オルニチンといいます。夜寝る前に、摂るといいでしょう。

さらに、お肌が傷んでいるなら、ハリを戻すコラーゲンの摂取も一緒なら、より効果的ですね。


オルニチン配合のコラーゲンドリンクがあります。液体で、飲みやすく、吸収に優れています。

夜寝る前に飲んで、翌朝、肌の変化を実感される方が多いです。


あなたの日焼けを治す良い方法はこれじゃないですか。

あなたにおすすめのコラーゲンドリンクがあります。

こちらでその『アスタリフト』をご紹介しています。