たるみを解消するなら、コラーゲンはどのくらいの摂取量が効果的か


お肌のトラブルは多いですよね。シミやシワあるいはたるみなど、毎日ケアするのも大変ですよね。

シミやシワももちろん嫌でしょうし、始めて、発見した時はビックリじゃないですか。


「え?何?シワができてる!」って、急な用事も、忘れるぐらい、顔が気になりますよね。

「どうしたらいいの、もうそんな年?」


普段の化粧品をあれこれ、手にとって、どれとどれを使えばいいの?とか、順番はどうかとか、保湿かな?って、慌てません?

生活が一変し、気持ちも暗くなりますよね。


しかし、ちりめんジワぐらいでしたら、十分、化粧品でもキレイにカバーできます。

たるみだったら?まぶたのたるみ、頬のたるみ、ブルドック顔とか・・・・


人生の終焉!!!みたいな絶望感でいっぱいになりそうですね。もう、化粧では、隠せない。効果ない。

顔のハリを取り戻すならコラーゲン


年齢は逆戻りしませんけど、肌の若返りは可能です。少なくとも、老化を遅らせることができます。

ですから、しっかりとお肌にいい、必要な美容成分を補給してあげること。


肌のハリなら、コラーゲンが必須。

コラーゲンは肌の真皮層にあって、他の成分より一番多いです。肌の下からしっかりと押し上げてくれます。


しかし、年齢とともに減少し、特に35歳ぐらいが危険年齢。

コラーゲンの激減が始まり、放っておくと、たるみが進行し、老け顔を止めることが困難になります。


コラーゲンは、食材にも含まれています。

肌荒れぐらいでしたら、豚足スープやすっぽん鍋でも十分効果が実感されています。


しかし、顔のたるみとなると、さらにコラーゲンが必要でしょう。

一日の理想的な摂取量は5000mgから10000mgとされています。


豚足スープやすっぽん鍋は、飲む量にもよりますが、コラーゲン摂取量は少ないです。

たるみ改善・予防でしたら、10000mgがいいでしょう。


さらに摂取量をアップしたらどうなるか?より高い効果を期待して15000mgとかを考えられる方がいます。

しかし、摂取量を適正範囲以上にしても、余分なコラーゲンはただ分解排出されるだけ。


逆に、内臓に負担をかけることにもなります。

コラーゲン10000mgを摂ることができるのは、コラーゲンドリンクです。液体ですから、吸収がいいです。


量も50mlぐらいで、4口ほどで飲めます。おいしいと飲まれる方が多いです。

あなたもしっかりといまからたるみ予防して人生をより明るくしませんか。


あなたにおすすめの美容ドリンクがあります。


こちらでその『アスタリフトコラーゲン10000mg』をご紹介しています。