コラーゲンの種類と違いを比較


コラーゲンはお肌のハリを保つ大切な働きをしています。

いつまでも若くキレイであるためにも補給が大切。


不足しがちなコラーゲン、とくに35歳を過ぎると激減。

肌の下部組織が崩壊し、シワやたるみの原因に。


若くしてたみる顔だけは避けたいものですね。

コラーゲンの補給はいろいろ方法があります。


あなたは生活をゆったり送れていますか。
残業で忙しい毎日ですか。
食生活が不規則になりがちですか。
栄養バランスの食事が取れていますか。
一人暮らしで外食に頼りがちですか。
好き嫌いが激しいですか。
ダイエット中で、食事制限をしていますか。



生活環境は人それぞれですよね。

たとえば、コラーゲンをじっくりご自宅でお料理から摂れる方はいます。


子供の教育費など、節約型の主婦なら、割安のコラーゲンサプリなどに関心が向くでしょうか。

仕事でスキンケアの時間がない方は、携帯にも便利なサプリを買って、引き出しに入れておく方もいます。


コラーゲンの種類ですけど、食材なら豚肉や牛肉あるいは鶏肉などから摂れます。

サプリ系でもそれらから抽出した豚コラーゲン、あるいはフィッシュコラーゲンとかに分かれます。


比較してみますと、まず豚コラーゲンは、人の体に馴染みやすいとされています。

一方フィッシュコラーゲンは、成分が傷つかず高い効果が期待出来るようです。


よく利用されるのは、サプリ系ですね。


どんなサプリを飲んだらいいのか。コラーゲンサプリにはいくつか種類があります。

粉末コラーゲン、コラーゲンゼリー、錠剤サプリ、そして、液体のコラーゲンドリンクです。


それぞれ、ちょっとずつ違いがあります。まず、味と含有量が違います。

粉末コラーゲンやコラーゲンゼリーは割りと安ですが、味が合わないと止める方がいます。


それに多く袋の粉末コラーゲンは保管に苦労する方もいます。

まあ、キレイじゃないわけですね。


錠剤サプリは、味も問題ないですが、錠剤に含まれるコラーゲンの量が比較的少ないようです。

1日の適正摂取量は5000mgから10000mg


10000mgのコラーゲンを摂取ならドリンクタイプ。

他のサプリも飲む量を増やしたら、届きますけど、大変です。


ドリンクタイプなら、液体が50mlぐらいで3口4口で飲めます。

それに、液体は吸収がよく即効性があるとよく飲まれる女性が多いです。


こんな違いのあるコラーゲンですけど、しっかり毎日補給してお肌をいつまでも若く保ちたいですね。


あなたもキレイな肌で明るく生活してみませんか。

あなたにおすすめの美容ドリンクがあります。


こちらでその『アスタリフトコラーゲン10000mg』をご紹介しています。