ビタミンc誘導体でクレーターが治ると思っているあなたへ


今のあなたの肌は凸凹ですか。
クレーターで困っているんですね。
以前、ニキビが出来たとき、潰したりしたからじゃないですか。


「なに?これ、赤くなってる」
鏡を見て頬が赤くなっています。
次第に、膨れニキビが出来てしまいます。


指で触ったりしませんでしたか。
「気になるよね~」
コロコロって、人差し指の腹でいじりますね。


それから、親指と挟んで、、、、
「ん~、ん~」って、力を入れましたね。
ブチって、膿を出しましたか?


「ふ~」
(やっちゃった・・・・)
でも、一時的な快楽はありましたね。


それが、クレーターを引き起こした最大の原因です。
再発、潰し、なおも、できたら指で潰す繰り返し。


クレーターはビタミンc誘導体で治る?


ニキビ跡を治すのにビタミンc誘導体を使う方はいます。
しかし、今すぐじゃないです。
クレーターなら、まず凸凹を考えましょう。


あなたの肌の内部組織が壊れているんですね。
肌の組織は、上から表皮、真皮の順です。
真皮は厚く、肌のハリや弾力を保っています。


そこで一番多い美容成分はコラーゲンです。
コラーゲン繊維が網の目のように張り巡らせています。
これが破壊されると、肌は力がなくなります。


コラーゲンの補給が必須。
クレーターの凸凹は改善されるでしょう。
内部組織ですから、お化粧では無理。


内側からのコラーゲン摂取がいいですね。
コラーゲンは多ければ多いほど、
効果が期待できます。


一日の適正量は5000mgから10000mgです。
10000mg摂取できるのはコラーゲンドリンクのみ。
即効性があり、よく飲まれています。



次に、ビタミンcです。
コラーゲン生成に欠かせません。
さらに、ビタミンcは美肌効果があります。


ビタミンc配合のコラーゲンドリンクがベスト。
ハリを戻し、肌の色が白くなってくると、
どうしようもなかったクレーターが大変身!


ちなみに誘導体は、ビタミンcが吸収しやすくなります。

なので、ビタミンc誘導体でクレーターを治すのではなく、
コラーゲン摂取で肌が回復してきたら、
ビタミンc誘導体などで、その後のケアをしてあげるやり方が
いいでしょうね。


コラーゲンは、35歳ぐらいから激減する、お肌には必須の美容成分なのです!

あなたにおすすめのコラーゲンドリンクがあります。


こちらでその『アスタリフト』をご紹介しています。