肌を白くしたい!?外回りでも日焼けが残らない肌になれる方法

肌が白いとキレイに見えると思います。

透明感があったりすると、思わず目が止まるんじゃないでしょうか。

どうして、あんなに肌がしろいの?

肌をしろくする方法がしりたい!って心がさわぐかもしれません。

紫外線も浴びるし、なかなか難しい生活環境でなんとかしたい人の気持がわかります。

そこで、この記事では、肌をしろくしたいあなたに、どのようにしたらいいかをお伝えしていきます。

結論を先に言いますと、年齢的なくすみでも、ちゃんとケアをすれば、肌は白くなります!

スポンサードサーチ

どうして肌が黒くなるか原因をちゃんと知っていますか?

どうして肌は色が変わるの?

肌が黒くなるって言うと、日焼けを思い浮かべる人が一番多いんじゃないでしょうか。

実は、そればかりでなく黒くなる原因は、いくつか要因があるようです。

肌が黒く見える原因:
  • 紫外線による日焼け
  • 肌にメラニン色素が多い
  • 肌がくすんでいる

これらについて、説明していきます。

日常的に、紫外線を浴びている人

10代の頃は、夏に海水浴で思う存分日焼けしても、自然と肌はもとに戻っていたと思います。

ところが、20代以降になると、日焼けが取れない、残ってしまうという経験もされる人がいます。

日焼けは紫外線を浴びていることで、起こります。

年齢による、肌の機能が衰えるわけですけど、まずは紫外線を浴びない対策が必要です。

海のレジャーをしないとしても、普段の生活でも私たちは紫外線を浴びています。

また、天気があまり良くない日でも、紫外線はかなりの量に達しているのです。

 

紫外線が肌に当たると、肌は外敵を守ろうとします。

バリア機能が備わっていて、肌の組織を守る働きですけど、メラニン色素が生成されます。

このメラニン色素が大量に発生すると、濃くなり肌に残留することになります。

 

自然と排出される機能もあり、毎日少しずつ白さが増します。

肌にはターンオーバーがありますので、古い細胞は新しいキレイな細胞に変わっていきます。

 

ところが、体の肌の調子が悪いとか、紫外線の量が多いとか、強い場合は、メラニン色素が肌に残ったままになり、シミになるケースがあります。

肌がだんだん黒ずんで来る予防としては、まず紫外線対策を普段の生活からすることが大切です。

もともとメラニン色素が多い人もいる

紫外線で生成されるメラニン色素ですけど、人によってはもともと肌に多く持っていることがあります。

遺伝的な原因もあり、肌がもともと黒く見えます。

地黒って言われるケースです。

肌のくすみが起こっているケース

肌にくすみが起こる場合があります。

年齢的なものや、生活習慣の乱れで体調が崩れ肌の機能が衰えます。

すると、乾燥が原因で潤いを失い、血行も悪くなって透明感がなくなってきます。

肌全体が暗く見えてしまうことが原因です。

保湿や生活習慣の見直しをしっかりとすることで改善が期待できます。

肌を白くするスキンケアとは?

肌のスキンケア

紫外線対策をしても、なおスキンケアをすることで色が白くなっていきます。

いくつかご紹介します。

美白化粧品

一般的には美白といわれるコスメを利用します。

化粧品に含まれる美白成分が肌に作用して、肌のトラブル防止をして希望の白さを手に入れられます。

 

化粧水やクリームに美白効果があるものを使って、肌の内部に蓄積している老廃物や活性酸素の除去をすることで、ワントーンも明るくなれるようです。

ピーリングをする

ピーリングは古い角質を化学薬品を用いて、取り除く作業です。

エステなどではうまく施術してくれますし、とてもすっきりします。

いまでは、個人でも簡単にピーリングができます。

肌の調子が悪く、ターンオーバーが乱れたりして角栓がたくさんできているときなどに便利です。

ただ、やりすぎると大切な角質までも取り除くことになり、逆に肌を傷めることになりますから、注意が必要です。

また、肌を温泉などでふやかして、柔らかくなってから、削り落とすというのも簡単です。

パック

パックもいろいろありますし、便利な商品を購入するのもいいですね。

紹介したいパックは、ヨーグルトパックです。

ヨーグルトパックは美肌効果が高いと評判だからです。

フルーツ酸が古い角質を取り除こう作用があります。

また、乳清は肌の保湿を高めて乾燥を防ぎますから、くすみが予防されます。

ビタミンBですと、ターンオーバーの活性化に効果があるようです。

簡単なヨーグルトパックでこれだけの効果が期待できますので、肌を白くするためにやってみるのもいいと思いませんか?

自分に合った美肌対策を見つけるコツ!

UVクリーム

いくつかご紹介しましたが、どれもどなたに合うかはわかりません。

やはり、個人差があり、相性もあるからです。

一つ一つ試してみながら、肌の状態を確認していくのが一番です。

紹介した中に美肌にいい成分を挙げましたが、他にもビタミンC誘導体、アルブチン(ハイドロキノン誘導体)、プラセンタエキス、コウジ酸、エラグ酸、トラネキサム酸、リノール酸があります。

化粧品を買うときに、どの成分がどのくらい入っているかをよく確認することが大切です。

そして、使用は年齢に相当するターンオーバーの周期で結果を比べたらいいわけです。

そうやって、自分に合う商品、やり方が見つかります。

肌を白くするための生活習慣

生活習慣

普段の生活でも肌にいい方法はあります。

細かな点ですけど、注意して行うことで肌をキレイに保つことが出来ますから、意識してやっていくと良いと思います。

洗顔

洗顔は、顔をキレイにする、汚れを落とすための行為です。

ただ、そのために何回もそれもゴシゴシやってしまう人が意外と多いわけです。

なので、洗顔でまず気をつけたいのは、洗剤を使うのでしたら、泡を顔に当てるぐらいにしてすること。

そして、力を入れて肌を擦るのはNG

さらに、何度も洗顔をしないようにして、洗いすぎに気をつけること。

また、洗顔後に顔を拭うときは、優しくタオルを肌に当てるようにすること。

肌にいい食べ物を食べる

肌にいい食べ物を食べることで、体の中から美白効果を引き出す感じです。

一つは、パックのところにあったヨーグルトがおすすめです。

乳酸菌は整腸作用があり、腸内環境を良くしてくれ腸がキレイになって、働きがよくなります。

それで、便秘改善になったり、ニキビ予防にもなります。

つぎは、ビタミンCです。

抗酸化成分のある成分で、肌の老化を防ぎますから積極的に摂りたい成分です。

美白効果もあり、メラニン色素の生成が抑えられます。

果物、とくに柑橘類に多く含まれますから、毎食いただきたいものです。

紫外線対策

普段の生活で紫外線対策を意識することが大切です。

紫外線を長期に浴びることで、肌の劣化が早まりますし、ダメージが大きいです。

日焼け止めクリームをこまめに使って、紫外線から肌を守りましょう。

サプリメントを飲む

食生活はパターン化してなかなか変えられないという人も多いです。

お仕事や家事などで、時間も乱れるなど、現代生活で理想的な生活を送るのは大変です。

そこで、食生活で足りない成分などをサプリメントで補うのも良いことだと思います。

ビタミンCにしても、かなり多くの商品が出ていますし、摂取しやすいです。

適量いつも摂れますから、とても便利ですね。

サプリメントも、いろいろありますから、一つ一つ試しながらいいモノを探してみてください。

まとめ

肌が白くなって生活を楽しむ女性

肌を白くしたい女性は多いです。

また、加齢による肌の劣化も注意しなければいけません。

いろんな方法や対策を常日頃から試み、あなたの肌にいい、効果的な対策を身につけてください。

ちょっとした、努力・工夫でいつまでもキレイな肌で生活することが可能になります。

色白って言われるほどに肌を白くして、楽しい生活にしてください。